もがく23歳

食、音楽、服など色々通して23歳の内実を書き連ねまっせ

ブログを書き始めた理由①

ちょっとずつでも更新していこう……

今更ですが、このブログを書き始めた経緯でも書こうかと思います。

 

僕は今、23歳、社会人2年目の男である。

 

小中高と、楽しく過ごし、そこそこの大学を出て、そこそこおーって言われるところに就職をした。そこそこ

 

ここまで書いて、社会人なりたてのガキ鬱日記か、と思うかもしれない。

が、まあたぶんそんなところかもしれない。

 

社会人になって、もの凄い行き詰まった感があった。息詰まったと書くのが正解か。

 

職場がひどいわけではない、なんなら1年目は超ホワイトだった。上司にも可愛がられたし恵まれていた。

 

友達もどちらかというと多いと思うし、遊ぶにも困ってなかった。遊ぶ時間が足りないってのはあったかもだけど。当時は彼女もいた。当時は……

 

そんなとき、ぼくは考えたのである。

なぜ、社会人になって行き詰まっているか、なぜ社会人というものにこんなに嫌悪感を感じているのか。

さっきも言ったように、学生だってそれなりに大変だ。そりゃ週5で朝から晩までは働かないが、当時はいっぱいいっぱいだった。

 

そうしてぼくなりに出た答えがある。

それは

 

可能性がないから

 

である。

学生時代は、将来自分がどうなるか、ボヤボヤとしか分からなかった。

ビジョンを明確に持つべきだったのかもしれないけれどもね。

行動によってなれるものは限られるのも頭では分かってたけどね。

それが、社会人になって、40年後の自分が見えてしまったのである。

 

特にぼくの職場は、ザ・年功序列、ザ・終身雇用なとこだったので、なおさらである。

しかも、上司を見て、自分が頑張って偉くなったとしても、ああなりたい!って思える人がいなかった。これは上司が悪いってよりも、組織がよくないのだけど。

 

とりあえず今日はこの辺にしておきましょう…

暗いな!すいません!次回に続きます!

 

 

 

 

 

 

名前の話

こんにちは。

 

 

3連休ですね、僕は明日出勤なので普通の土日です,,,

そろそろブログを始めた経緯とかを書こうと思ったけど、

また次くらいに。

 

今日はこないだふと思った話。

 

職場の同期が結婚しました。同期同士で授かり婚で。

まあやっぱできちゃった結婚て言った方が馴染みがありますよね。

 

めでてーめでてー。ただ、男の方には、「で、実際どうなん?嬉しいん?」とフランクな関係を好む僕は聞いていました。

女の子の方はいま職場を離れているので会えていません、元気かな?

 

 

まあデキ婚なわけで、周りからしたら気付いたら彼らは結婚してたわけなのです。

 

そんなところ、別の人とそのことを話しているときこんな流れがありました。

女の子の方、大澤さんっていうんですけど「大澤さんは~」って言ったときに、

「そっかもう大澤じゃないのか。」っていう、まあよくある流れですね。

 

で、そのとき思ったのが、その「大澤なになに」さん(下の名前は伏せておこう)はもうこの世にいないのだと。

や、まあ当たり前だし、「佐藤なになに」と名を変えてたしかに存在するのだけど、

「大澤なになに」はいなくなったのかなあと。

 

今までそんな感じてなかったけど、自分の名前の存在って結構大きいんですね。

 

哲学チックだし考えてどうなるわけでもないけど、僕の周りは本当に結婚が早い人あんまいなくて、初めて近い人が結婚したので、感じたことを一応書き置いておこうと思いました。

 

結婚式楽しみだな~

 

 

 

 

人生を豊かにする方法

なんとも意識の高そうな、というか、自己啓発感が凄いタイトルをつけてしまったが、

 

もっと普遍的というか、ものすごーく当たり前のことを書こうと思います。

 

人生って結構大変だと思うんですよ。

社会人は週に5日も働かなきゃ行けないし、高校生は部活や受験に忙しい、中学生はきっと今戻ったら2日でまいちゃうくらい周りの目を気にしなきゃ行けないし、小学生だってよくわからんことに一喜一憂してる。

大学生も、、まあ、たしか色々大変だったはずだ、、

 

けど、人生は簡単に豊かになるとも思うのですよ。

その方法の1つとして、いい飯を食うってのがあると思うのです。 

 

いいってのは、必ずしも高いものではなくて、お店の雰囲気とかを諸々考慮したものである。

 

そんなものを、ばちくそ落ち込んでたり、このまま帰って一日終えるのもなーっていうときに食べるのである。

そうすると、辛いなりにも人生に少し味が出る気がするのです。

まあみなさん無意識にやってると思うのですが、改めて。

 

例えばですね、

土田は、いま立川が職場なのですが、金曜日、飲み会とかを入れてなければレインボースパイスというカレー屋によく行きます。

前都心の方が勤務地だったとき、新宿の支店にお世話になってた店である。

店内はカウンター席のみの、7席。くらい。

 夜11時までやっているという残業マンにはありがたいお店。

 

スパイスカレーの中では、そんな詳しくないけど今まで食べた中で一番美味しい。

野菜のカレーがオススメ。

仕事で疲れた後に、これを食ったときは、「このカレーがあるだけで立川勤務でよかった」とか思ったりしてる。

 

ではではf:id:tsuchitsuchigolfball:20170709171233j:image

Yogee New Waves

  今宵は、やらなければいけない仕事を全て放棄し、赤坂までYogee New Wavesのライブを観に来た。このヨギーは、つちだが生活の中で一番お世話になってると言えるバンドである。

 

おしゃれとよく評されるし、実際おしゃれなんだけど、その中に泥臭い男のロマンがあって、それがめちゃくちゃかっこいい。

 

初めて観たのは3年くらい前で、そのときは100人ちょいのキャパだったのに、今や1000人超えのキャパをパンパンにしている。

 

売れる前から知ってたぜ!っていうことを言いたいんじゃなくて、それもあるのかともだけど、とても感慨深いものがある。

 

大っきくなったなあって。それでいて堂々と、輝いていてすごいなあって。誰目線なのやら

 

正直、すげー羨ましい。

ああなりたい。

 

おれも色々頑張ろ。

もちろんライブは最高だった。

 

 

今日も大好きな曲、Hello Ethiopia を聴いて寝よう

https://youtu.be/iZDJ7X3Q8UA

 

はじめまして

こんにちは、つちだと申します~

初めてブログというものを書きます。

 

ベッタベタではあるかと思いますが、なぜブログを書き始めたのか、大まかに2つに分けて、簡単につづっとこうかと思います。

 

まず1つ目。

最初からバシバシに暗いというかジメっとしたお話でございます。

 

自分は去年社会人になった、2年目の23歳であるのですが、社会人になって、ずっと漠然としたストレスがあったのです。

もちろん仕事が嫌だとか、自由な時間がないとかもあります。

仕事はめっちゃ気遣うし大変だけど、わりとどんなことにも楽しみを見い出せるタイプではあるし、

自由な時間がないのはたしかにこれもめちゃめちゃ嫌だけど、それだけじゃなくて~

 

っていうモヤモヤの正体が、最近ようやくはっきりしたのです。

 

それは、

 

「可能性がなくなる」

 

ということでした。

 

子どもの頃は、将来なんて全く見えてなかった。

大学生も、まだなににもなれる気がしてた。

 

それが社会人になって、上司とか見て、おれはこうなってくのか~と行く先がなんとなく見えてしまったわけですね。それが社会人になって、ずっと付きまとっていたわけなのです。

そんな中で、わたくしつちだは色々ともがいている訳で、そのもがきっていうのも、将来じじいになったとき見返したら面白いのかなーって思ったり、自分は大学で心理学学ぶくらい(大して勉強してないけど)人間はおもろいと思ってるのですが、客観的に見たらおもろいんじゃないかなーって思い、ブログに書き残しておこーっと思ったわけです。また、この行為もただただ老いていく自分への抗いでもあるのです。これが一つ目。

 

2つ目は、単純に自分の趣味嗜好を紹介したいと思ったからです。

自己顕示!

1つ目と2つ目のボリュームの差よ。

 

そんなわけで、このブログでは青少年のもがきを、自分の趣味とかいいなと思ったこととかと絡めて書いていこうと思います。

 

仕事も、やりたいこともあるので、どのくらい更新できるかわからないし、

拙い文章ですが、読んでくださったらつちだは嬉しいです。とっても。



それではまた。

 

あ、今後はここまでジメッとしないつもりです,,,!! 

 

 

つちだ